取り扱う銃・競技の種類


大きく分けてライフル射撃にはAR(エアーライフル)を用いるもの、SBR(スモールボアライフル)を用いるものに分けることができます。

ARについて


空気の力を用いて鉛弾を発射する銃をAR(エアーライフル)と言います。エアーライフルには撃つたびに自分で空気を圧縮するポンプ銃と圧縮空気が溜まっているタンク(シリンダー)から空気供給を受けて弾を発射する圧縮銃の大きく分けて二種類があり現在は後者が主流となっています。この銃を用いた競技では10m先の標的を撃ちます。

SBRについて


火薬が爆発した際の威力で鉛弾を発射する銃をSBR(スモールボアライフル)と言います。仕組みはいわゆる普通の銃と全く同じです。この銃よりも大口径のLBR(ラージボアライフル)を用いる競技も有りますが日本の学生競技ではまず見ません。

競技の種類について


AR、SBRともに三種類の射撃姿勢があり、立射(立った状態)、膝射(膝立ちの状態)、伏射(伏せた状態)があります。また撃つ弾の数も40発、60発、120発と複数種類があります。基本的にはある射撃姿勢を用いて制限時間以内に決められた数の弾を撃ち込みその点数を競います。

使用する的


使用する的はAR競技で10cm×10cmの的で、中心に行くほど点数が高くなっており最高得点は10.9となっています。